営業キロ数の長い近鉄電車:鉄ヲタラボ 公式ページの動画

動画タイトル
営業キロ数の長い近鉄電車
動画コメント
KIKOchannel チャンネル紹介動画 電車と踏切と警告音の世界編 The World of Japanese Railway Crossing Videos 南大阪から奈良を中心に活躍している近鉄電車は、私鉄の中でも営業キロ数が非常に長い私鉄として知られています。大阪から名古屋まで特急も走っていますし、非常に多くの路線があります。従って乗り換え駅ではいろんな場所に行く人で混雑しています。例えば奈良にある大和西大寺駅は、北の京都に行く人、南の橿原神宮方面に行く人、西の難波方面に行く人、東の奈良駅に向かう人などが利用します。また、京都方面からは相互乗り入れをしている京都市営地下鉄烏丸線の銀色の車体を目にすることもありますし、同じく難波方面からは相互乗り入れを行っている阪神電車の車体を見ることが出来ます。南大阪から奈良方面を始め、地域の人にとって貴重な足となっているのがこの近鉄です。
動画キーワード
近鉄 , 踏切 , 警告音
リンク

鉄ヲタラボ 公式ページその他の動画

高級なイメージの阪急電車
阪急電車大集合!阪急限定Nゲージ運転会 関西に住む人に聞けば、一番高級なイメージのする私鉄の名前で阪急電車をあげる人は非常に多いです。マルーン色と言われる茶色系統の独特のカラーで、日々多くの乗客を運んでいます。阪急電車は京都線、神戸線、宝塚線の3つが主な路線です。また、これ以外にも今津線や嵐山線などの支線が複数あります。昔は、西宮北口駅で神戸線と今津線が平面交差するのが鉄道ファンの間でも人気でした。残念ながら昭和59年を最後にダイヤの都合でなくなってしまいましたが、多くの古い鉄道ファンの記憶に残っています。また、阪急の電車から見る車窓は非常に美しいと評判です。高級住宅街でもある芦屋付近を走るなど、六甲山の山並みも非常に綺麗なのです。
阪急電車 , 京都線 , 神戸線 , 宝塚線
イギリスにおける鉄道事業の展望
中国経済 英国は中国から高速鉄道車両を買わない! 日立の交通CEO、現地生産に強み中国経済の破綻が叫ばれて久しいですがなんとか面目を保ち共産党の一党独裁体制を維持するためにあの手この手で国策を弄している中国ですが、日本やアメリカの不参加で先行きが怪しくなったAIIBもなかなか発進することできず、念願かなった人民元の国際通貨入りも蓋を開けてみれば元を保有する国家はほとんどない現状です。そんな中、執行部指導のもと国営企業によるインフラ輸出を画策しインドネシアの鉄道敷設事業を獲得したものの早くも問題が噴出、この動画ではさきほどイギリスにおいて中国からは高速鉄道を買わないだろうとする日立交通CEOの話が詳しく紹介されており、その理由も詳しく述べられています。鉄道、原発、発電所、潜水艦技術などの技術提供で激しく争う日本から見ても興味深い内容の動画です。
中国 , 英国 , 高速鉄道 , 展望
満員電車の状態も多い大阪環状線
タモリ倶楽部 タモリ電車クラブついに西日本進出!大阪環状線一周ツアー・後編 大阪環状線は東京の山手線と同じく、都会を環状運転するために作られた路線です。ただし、現在では大阪、天王寺、京橋などで他の路線と接続していますので、平日の昼間でも非常に利用する人の多い路線になっています。特に混雑するのは大阪と京橋の間です。京橋からは守口、松井山手方面への電車に乗りかえが可能なため、大阪から京橋を経由して利用する人が多いのです。また、逆に京橋から大阪方面は、京阪電車で京都方面から大阪に帰ってきた人も利用することなどが混雑する要因になっていると考えられます。内回り線は大和路快速や紀州路快速が走っており、奈良、和歌山方面へ移動する人が多く利用しています。また西九条駅はユニバーサルスタジオジャパンに行く若者で混雑しています。
大阪環状線 , 満員電車
京都観光の際にも利用したい鉄道
【鉄道PV】京阪電気鉄道 ~京阪本線のイケメン達~ 京都観光の際に大阪方面から行く際に人気の高い鉄道会社は京阪電気鉄道です。京阪は本線が大阪の淀屋橋から京都の出町柳まで走っており、特急列車の中に2階建ての車両もあります。この車両は別料金は必要なく、普通に乗れますので、多くの乗客に人気です。1階部分に乗っても2階部分に乗っても絶好の車窓が楽しめます。また、京橋から萱島までは私鉄では珍しい複々線となっており、これを生かしたダイヤ編成が組まれています。また、観光シーズンになると快速特急「洛楽」という列車が運行されます。これは途中で停車する駅が特急よりも少なく、京橋を出ると七条まで停まりません。従って乗客の乗降があまりなく、快適な旅気分を満喫できます。
京阪電気鉄道 , 鉄道
大阪市営地下鉄内を走る阪急電車
阪急電車の震災[1of3]阪急電車は、京都線の淡路駅を起点にして大阪市営地下鉄の堺筋線と相互乗り入れを行っています。元々堺筋線は天神橋筋6丁目が終点だったのですが、そこと淡路の間に柴島という阪急の駅を作り、この2社が相互乗り入れを行うことになったのです。堺筋線の地下鉄車両は、阪急京都線の高槻市駅まで行きます。阪急は堺筋線の南側の終着駅である天下茶屋駅まで乗り入れています。休日の昼間などのダイヤで、京都の河原町から天下茶屋行の準急列車が運行されることもあります。電車が好きな人がじっくり眺めていると、堺筋線を走っている車両は阪急の方多いのではないかという点にも気づきます。堺筋線は混雑する路線で頻繁に列車が来ますが、確かに阪急の車両をよく見かけます。
阪急電車 , 淡路駅 , 京都線 , 地下鉄 , 大阪市営地下鉄
グリーンの車両も素敵な京阪電車
さんま 40年ぶりに京阪電車に乗る! 明石家電視台より 京阪電車の車両のイメージを多くの利用者に聞きますと、グリーン系という人も多いです。特急列車は、ダブルデッカー車もあるものは薄い黄色と紅色のイメージで、ブルーを基調にしたものもあります。しかし急行、準急、普通列車に使われている車両はグリーン系のものが大半です。また、グリーン系の一部は特急列車にも使用されていますし、中書島駅から支線として走っている宇治線でもこのグリーン系の電車が走っています。京都の市街地に入りますと、地上で京阪電車の車両は見ることが出来ません。七条の手前から地下に入り、そのまま終着駅の出町柳まで地下のままです。その間には四条、三条など多くの人が下車する駅もあり、日々多くの人で賑わっています。
京阪電車