地下もある阪神電車の駅:鉄ヲタラボ 公式ページの動画

動画タイトル
地下もある阪神電車の駅
動画コメント
【阪神電車】普通 東生駒行 近鉄車両 西九条駅主に神戸と大阪の間を走っている阪神電車は、神戸と大阪の市街地周辺は地下を走っています。従ってこれらの場所で地上で阪神電車の車体を確認することは出来ません。これは少々電車の好きな人にとっては残念な話ですが、地理的な問題などで建設時にこのようになったのだと思われます。神戸では、岩屋の手前から地下に入り、春日野道、三宮はそのまま地下です。また、大阪方面では、本線は野田を出ると間もなく地下に入り、福島、梅田が地下駅です。また、なんば線は西九条を出ると地下に入り、そこから九条、ドーム前、桜川、大阪難波が地下駅です。阪急電車は神戸も大阪も地上を走っていますので、買い物等で街を散策していたら車体を確認できますが阪神は出来ません。
動画キーワード
阪神電車 , 普通 , 近鉄車両 , 西九条駅 , 東生駒行
リンク

鉄ヲタラボ 公式ページその他の動画

電車の感想について
海外の反応 東京の夜景車窓を「ゆりかもめ」電車の最前から見た外国人が感激! この動画は、海外の人からの感想をまとめています。それだけではなく、ゆりかもめを知らない人のためにきちんとまとめられているところがすごいです。どんな電車なのかを分かりやすく説明するだけではなく、文章をつけ、音声まであるので見やすいのがポイントです。また実際のゆりかもめを夜に撮影した映像もあるので、海外の人がどんな動画を見て反応したのかがすぐに理解できます。実際見てみると夜景がとてもきれいで、感動します。たくさんの人たちが反応しているようで、電車や日本がどれだけ愛されているかがすぐに実感できるのがとても素晴らしいところです。動画を通して、電車が好きな人とつながることができるのは非常に感慨深い出来事です。
ゆりかもめ
観光地にふさわしい電車
嵐電の電車 踏切動画 京福電鉄 通過列車集 電車信号 消防車 救急車 サイレン 緊急走行 railroad crossing signals japan京都を走っている京福電鉄は、通称「らんでん」と言われて多くの人に知られています。路線としては四条大宮駅から嵐山を結ぶ線と、途中の帷子ノ辻駅から出ている北野線があります。この電車は非常に風情のある電車として有名で、連日多くの外国人観光客も乗車しています。途中、路面の部分を走る箇所があり、こういった際の景色は昔ながらの風情をそのまま残しているものとして人気があります。また、嵐山駅には駅の構内に足湯があります。こういった駅は全国でも珍しく、それを目当てに訪れる観光客の方も沢山います。車両のペイントもバラエティに富んでおり、乗客とともに走っている姿を見る側にとっても楽しめる鉄道会社です。小説などにもよく登場します。
踏切 , 観光地 , 通過列車 , 信号
岐阜駅から富山駅を結ぶ鉄道
【鉄道PV】〈コラボ企画〉高山本線キハ40系列引退PV (miokiha48_3812×suita66271050)高山本線は、岐阜駅を出発して富山駅までを結ぶ鉄道で路線総延長を225.8 kmとなっています。その間の駅数も45駅存在し、高山地方の谷あいや田園地帯などの風光明媚な場所を運行する特徴があります。 近年の高山本線の最新ニュースとしては、その路線を普通列車として運行していた40系が2015年6月30日をもって引退したことです。40系は、1979年の国鉄時代に採用された車両でディーゼル動車の特徴が見られます。 35年もの間、岐阜県の高山地方に向かう足としても多くの方にも親しまれており、多くのファンも存在しました。2015年6月30日の引退式には、全国の鉄道ファンが集まり、盛大に引退式が挙行され別れを惜しんでいたのは記憶にも新しいです。
キハ40系 , 引退 , 岐阜駅 , 富山駅
阪急電車の河原町駅について
阪急河原町駅・臨時電車集 阪急河原町駅は、阪急京都線の京都側の終着駅で、多くの人で賑わう祇園の最寄駅として知られています。また、名称は違いますが京阪電車の四条駅と乗り換えが可能です。地下にある駅で、地上に上がると数百メートル東側に八坂神社の鳥居を確認することが出来ます。また、四条大橋から北側を眺めると三条大橋も見ることが出来ます。阪急河原町駅周辺は大型百貨店などの多くの店があります。また、京都の台所として知られている錦市場もこの河原町駅が最寄り駅になります。場所的には阪急で一つ大阪寄りの烏丸駅との間で、地上に上がってやや北側に位置しています。錦市場は頻繁にテレビの旅番組などで取り上げられ、多くの観光客で連日にぎわっています。
阪急河原町駅 , 阪急電車 , 阪急京都線 , 終着駅
グリーンの車両も素敵な京阪電車
さんま 40年ぶりに京阪電車に乗る! 明石家電視台より 京阪電車の車両のイメージを多くの利用者に聞きますと、グリーン系という人も多いです。特急列車は、ダブルデッカー車もあるものは薄い黄色と紅色のイメージで、ブルーを基調にしたものもあります。しかし急行、準急、普通列車に使われている車両はグリーン系のものが大半です。また、グリーン系の一部は特急列車にも使用されていますし、中書島駅から支線として走っている宇治線でもこのグリーン系の電車が走っています。京都の市街地に入りますと、地上で京阪電車の車両は見ることが出来ません。七条の手前から地下に入り、そのまま終着駅の出町柳まで地下のままです。その間には四条、三条など多くの人が下車する駅もあり、日々多くの人で賑わっています。
京阪電車
大阪市営地下鉄内を走る阪急電車
阪急電車の震災[1of3]阪急電車は、京都線の淡路駅を起点にして大阪市営地下鉄の堺筋線と相互乗り入れを行っています。元々堺筋線は天神橋筋6丁目が終点だったのですが、そこと淡路の間に柴島という阪急の駅を作り、この2社が相互乗り入れを行うことになったのです。堺筋線の地下鉄車両は、阪急京都線の高槻市駅まで行きます。阪急は堺筋線の南側の終着駅である天下茶屋駅まで乗り入れています。休日の昼間などのダイヤで、京都の河原町から天下茶屋行の準急列車が運行されることもあります。電車が好きな人がじっくり眺めていると、堺筋線を走っている車両は阪急の方多いのではないかという点にも気づきます。堺筋線は混雑する路線で頻繁に列車が来ますが、確かに阪急の車両をよく見かけます。
阪急電車 , 淡路駅 , 京都線 , 地下鉄 , 大阪市営地下鉄